第16回神石高原マルシェ に参加しました。

 神石高原マルシェに、3月29日(土)のみ参加しました。お天気が心配でしたが、時々薄日もさしながら、何とか終了直前まで持ちこたえてくれました。空に感謝です。

 今、神石高原町には、都会から若い人たちが入ってきて、色々な活動を始めています。マルシェ出店も、そんな若い女性と知り合ったのがきっかけです。昨年、牧のRoti Harapan に来てくれたのです。故郷に少しでも多くの方に来ていただくきっかけになればと思いパンを焼き始めたのですが、予想通り、パンのおかげで(短期間に!)たくさんの方と知り合いになれ、パン屋を始めたのは大正解だったと思っています。

 

 

 

 当日も、十五年ぶりに会った娘の同級生のお母さまをはじめ、たくさんの方と言葉を交わすことができました。まさに マルシェ(市場)の醍醐味ですね。神石高原町で農作物など手塩にかけて作っておられるお母さんたちが出店されて、野菜談義や惣菜談義をしながら品物のやり取りをしたらもっとマルシェっぽく神石高原町らしさも出るのではないかと思いました。パンは、おかげさまで雨の降りだす前に完売しました。皆さま、ありがとうございました!